人気声優は年収も高いことで知られていますが、声優の年収や、給与の仕組みになどについてお話します。

年収

多くの声優は事務所に所属しており、給与は成果に対応した歩合制で支払われる事が多く、一定ではありません。声優自身の成果次第で収入が増減します。
声優として活動している人は非常に多いのですが、年収に関しては差が大きいのです。数千円〜数千万円にばらつきがあります。

まだそれほど人気の高くない声優や新人の多くは、声の仕事だけでは収入が不安定なため、アルバイトなど、さまざまな仕事を掛け持ちしていることがほとんどです。人気が出てきて仕事量も増えれば、声優一本で十分な収入を得ていくことはできます。

またジュニアと呼ばれる新人から3年目までと、4年目以降では出演料も変わるため、経験と実績を積み上げればそのぶん年収も上がっていくでしょう。

収入の仕組み

事務所に所属する声優の給料体系は、歩合制が一般的です。当然、賞与などはありません。事務所に個人事業主として契約していますので、どれほど収入が得られるかは、実力と受けられる仕事次第となります。

声優事務所のなかには月給制を取り入れて、声優の収入面を安定させるところも増えてきているようです。給料の仕組みとしては、まず制作会社からプロダクションへ、歩合制で出演料が支払われます。次に、プロダクションから声優へ出演料が分配されますが、固定給の事務所なら一定のギャラをもらえます。固定給のメリットは、仕事が少ない時でも、安定してギャラをもらえることです。一方、仕事が多い時でもギャラは一定というデメリットもあります。

歩合制、月給制は、それぞれ一長一短ありますが、いずれにせよ実力と実績が高い収入に繋がります。

案件(仕事)による収入の違い

声の仕事には、さまざまな仕事がありますが、収入はそれぞれで異なります。
■ゲーム
ゲームに声を吹き込む仕事では、1文字単位で計算されるのが一般的です。値段は声優の実績やゲームの種類によって違います。人気の美少女ゲームの場合などは、より一層出演料が高いようです。
ゲームのキャラクターのセリフに声優がキャスティングされる事が増えており、案件数も増えています。人気や実績を積めば高い文字単価で受けられるようになるので、受けていきたい仕事といえるでしょう。
■ナレーション
ナレーションは種類によって出演料の金額に幅があります。例えばCMのナレーションでは新人でも10万円以上の報酬となることもあり、人気声優なら100万円以上の収入を得られることもあります。
テレビ番組やCMのナレーションを務めるには、ある程度の実力や人気がなければ受けられませんので、いきなり仕事を受けることは難しいでしょう。
■ラジオ
ラジオの仕事はテレビの仕事に比ベて報酬が低いのが一般的です。理由としては、ラジオの企画がアニメやゲームなどの宣伝や、声優としての知名度アップ、ファンサービスなどを目的としていることが多いため。
声優にとってファンを増やす大切な機会になるため、報酬が低くても継続的に受けたい仕事です。
さらにいくつかのラジオ出演を重ねていくうちに、知名度が上がりほかの仕事につながることも少なくありません。たいてい声優の仕事は、オーディションを受けて合格する必要がありますが、知名度の高い声優であれば制作側からアニメ出演のオファーがあることも多いのです。
そのためには声優としての自分を知ってもらうことが必要になります。ラジオでは出演時間にかかわらず多くの作品に出て、声や名前を覚えてもらいましょう。
■パチンコ
パチンコの収入もゲームと同様に、文字単位の計算です。パチンコはゲームと比べて、文字数が少なくても高い報酬を得やすい傾向にあります。
しかし、パチンコはアニメのタイアップが中心のため、人気キャラクターを担当していなければそもそも起用されません。まずはアニメで主要キャラの役を演じられるようになりましょう。
■吹き替え
洋画の吹き替えは、1時間で50,000円ほどが相場です。人気声優の場合は150,000円ほどまで高くなるケースもあります。
吹き替えの仕事を受ける場合、オーディションよりも製作側から指名されることが多いです。そのため、声優としての知名度と実力をつけておかなければなりません。ある程度の実績があることが必須です。
一見報酬は高いですが、収録に丸一日かかるなど拘束時間が長くハードなので、割りに合わないともいわれることもあります。しかし、実力次第では時給を上げていくことも十分可能であり、声優としての技術や体力を磨くこともできるため、声優ならぜひ挑戦したい仕事です。